現在表示しているページの位置
離島の本屋ふたたび

ころからの本

離島の本屋ふたたび大きな島と小さな島で本屋の灯りをともす人たち

朴 順梨 著

ジャンル:暮らし・文芸

A5変形、並製、128ページ

価格:¥ 1,600+税

ISBN 978-4-907239-47-3

〈10月下旬刊行〉 22の離島をめぐった『離島の本屋』から7年。第二弾を刊行。大きな島=沖縄本島から小さな島=宇久島まで訪ねます。



22の島を訪ねた話題作『離島の本屋』から7年。「ふたたび」の旅がはじまる。
消えかけた本屋の灯りを再びともした島民、島のつらい歴史を伝える本を売り続ける心意気、そして閉じる決断をした本屋たちとの出会いを描く。

朴 順梨 プロフィール

1972年群馬県生まれ。フリーライター。早稲田大学卒業後、テレビ番組制作会社、雑誌編集者を経てフリーランスに。おもな著書に『離島の本屋』『太陽のひと』(いずれもころから)、『奥さまは愛国』(河出文庫、共著)がある。

離島の本屋ふたたび 関連ニュース

  • コロブックス
  • ころまが
  • ころノート