現在表示しているページの位置
太陽のひと

ころからの本

太陽のひと ソーラーエネルギーで音楽を鳴らせ!

朴 順梨 著

ジャンル:社会・歴史

四六判、並製、176ページ

価格:¥ 1,400+税

ISBN 978-4-907239-09-1

太陽の光でロックを---- 3・11をきっかけに生まれた新しいカルチャー=中津川THE SOLAR BUDOKANをルポ!



「ソーラーエネルギーで野外フェスをやろうや!」
ぶっ飛んだ思いつきを実現した、佐藤タイジ(シアターブルック)には、たくさんの仲間がいた。
3・11をきっかけに「太陽のひと」が生み出した、新しいカルチャー「中津川THE SOLAR BUDOKAN」を徹底ルポ!

プロローグ

第1章 The Solar Budokan—太陽のひとの手紙

「THE SOLAR BUDOKANを応援し続けたい」(SUGIZOインタビュー)

第2章 We as One—武道館から中津川へ

「NOではなくCHANGEを」(加藤ひさしインタビュー)

第3章 No Sun, No Life—ソーラー・コミュニティは始まっている

「タイジさんは僕のヒーロー」(堂珍嘉邦インタビュー)

第4章 We gonna Change—もう一度世界を変える

「中津川にはずっと音楽が流れていた」(うじきつよしインタビュー)

エピローグ 「ありったけの愛だけで」

朴 順梨 プロフィール

1972年群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。雑誌編集者を経て、フリーライターに。主な著作に『奥さまは愛国』(共著・河出書房新社)、『離島の本屋』(ころから)などがある。

ころからがお届けする WEB読物“ころからWEB”

  • サウジアラビアでマッシャアラー!
  • 亜細亜人生鐵道