現在表示しているページの位置
エスペラント版 九月、東京の路上で

ころからの本

エスペラント版 九月、東京の路上で

加藤 直樹 著 間宮 緑 翻訳

ジャンル:社会・歴史

A5判、並製、208ページ

価格:¥ 2,000+税

ISBN 978-4-907239-36-7

9月1日発売
歴史ノンフィクション『九月、東京の路上で』(加藤直樹)をエスペラント訳!



関東大震災時の朝鮮人虐殺を描く歴史ノンフィクション『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』(加藤直樹)をエスペラント訳。
訳者は、第22回早稲田文学新人賞受賞作家の間宮緑。

関東大震災の直後に響き渡る叫び声
ふたたびの五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ
1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き
現代に残響する忌まわしい声に抗う――
路上から生まれた歴史ノンフィクション!

加藤 直樹 プロフィール

1967年東京都生まれ。出版社勤務を経てフリーランスに。著書に『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』(ころから)、『謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」』(河出書房新社)、共著に『NOヘイト!』『さらば、ヘイト本!』(共にころから)などがある。

間宮 緑 プロフィール

小説家。1985年静岡県生まれ。2008年「牢獄詩人」で第22回早稲田文学新人賞受賞。
以降、文芸誌を中心に作品を発表。単行本に『塔の中の女』(講談社、2011年)がある。

エスペラント版 九月、東京の路上で 関連ニュース

ころからがお届けする WEB読物“ころからWEB”

  • サウジアラビアでマッシャアラー!
  • 亜細亜人生鐵道