現在表示しているページの位置
技術屋が語るユーザーとオーナーのためのエレベーター読本

ころからの本

技術屋が語るユーザーとオーナーのためのエレベーター読本

鈴木 孝夫 著

ジャンル:暮らし・文芸

四六判、並製、192ページ

価格:¥ 1,400+税

ISBN 978-4-907239-26-8

独立系エレベーター保守業界の先駆者が語る、エレベーターの仕組みから安全対策まで



エレベーター一筋50年の「技術屋」であり、独立系エレベーター保守業界の先駆者、鈴木孝夫が語るエレベーターのすべて。
その歴史や仕組みから保守契約のポイントまで網羅する、エレベーター愛に満ちた一冊。

まえがき エレベーターと向き合った50年

第1章 非常時の対策を知ろう
大地震の時どうなる!?
 地震時管制運転装置があれば安心
 新建築基準法前のエレベーターなら
 エレベーターは落ちるのか
【コラム「非常用ボタンの使い方」】
【コラム「高層エレベーターでの緊急停止の場合は……」
ビル・マンション内で火災があったら
 火災のとき乗車しても大丈夫か!?
雷で停電! そのときどうする!?
 「雷のときは乗らない」のが安全
洪水・ゲリラ豪雨・横なぐりの雨…。そのときエレベーターは!?
 水はエレベーターの天敵
故障の前兆を感じたら
 デリケートなエレベーター
使い方によるトラブル!?
 エレベーターは丁寧に扱って
密室内で身を守るために〜防犯を考える
 怪しければ「降りる」
だれでも安心して使える工夫ー鏡がある理由をご存知ですか?
 だれでも安心して使える工夫
【エレベーターのトリビア1 エレベーターNo1集】

第2章 エレベーターの構造を知れば安心
エレベーターの分類と基本構造
 さまざまな昇降機
 エレベーターの基本構造 
【コラム「油圧式エレベーター」】
ロープ式エレベーターの構造
 機械室の主要部品○巻上機○制御盤
 昇降路の主要部品○カゴとつり合いおもり○ロープ○ガイドレールとガイドシュー
 カゴ室内&乗り場の主要部品○操作盤○カゴ室内○ドア○快適空間のために
【コラム「UCMPとは何か」】
安全装置
 何重もの安全対策がされている○マシンブレーキ○調速機と非常止め装置○リミットスイッチ○緩衝器
【コラム エレベーターに関する法令】
【エレベーターのトリビア2 おもしろエレベーター】

第3章 保守メンテナンスがなぜ必要なのか
保守・メンテナンスとは
 年に1度の法定検査がある
 それでも保守が必要なワケ
 定期的なメンテは何をするのか
 保守メンテナンスの実例
【コラム「メンテナンスの心得」】
 メンテナンスをしているのは誰?
 メンテナンス会社は価格より先に信頼性で選ぶべき
【コラム「自社製品『WELSEC』」】
 「フルメンテナンス」と「P・O・G」
【コラム「メンテナンスの料金について」】
 「遠隔監視・点検」のオプションもある
 緊急出動・緊急監視センター
 3・11、そのときSECはどうしたか
【コラム「阪神淡路大震災のとき起きたこと」】
 復旧には優先順位がある
【コラム「エレベーターの2012年問題」】
【エレベーターのトリビア3 世界の絶景エレベーター】

第4章 エレベーターのまめ知識
日本のエレベーターの歴史
 水戸偕楽園のつるべ式運搬機
 乗用の初は浅草「凌雲閣」
 西のシンボル「通天閣」
 稼動し続ける往年の名機たち
 高層・高速化の時代へ
世界のエレベーターの歴史
 エレベーターの考案者はアルキメデス?
 機械式エレベーターの登場は?
 乗用を推進させた「非常止め装置」 
 高層化の要となった「つるべ式」
 マシンルームレスエレベーターの登場
 エレベーター製造メーカー
エレベーターのマナー
 エレベーターでのマナーとは?
 ベビーカーの使用
 エレベーターに上座がある?
【コラム「エスカレーターの正しい乗り方」】
優れもの機能の数々
 ○ボタンキャンセル機能・いたずらキャンセル機能○ペットボタン○直通機能○停止階切り離し○満員通過機能○混雑時運行○カゴ内の便利機能○デジタルサイネージ○防犯カメラモーション認識機能○赤外線ドアセンサー○制御系の進化
海外のエレベーターの豆知識
 日本と少し違う海外事情
 1stFloorとは?
 「閉」ボタンがない?
 ユダヤ教の敬虔な信者の休息日
 内装に出るお国柄
未来のエレベーターを考える
 未来のエレベーターは……
 宇宙エレベーターとは
【エレベーターのトリビア4 世界の絶景エレベーター】

第5章日本の保守メンテナンスの歴史 SECエレベーターの奮闘50年記
 安心の陰に、メンテの適正価格がある
 電気を学びエレベーター業界へ
 独立、そして会社設立
 寡占市場を打破する
 エス・イー・シーと社訓の誕生
 リニューアル市場への参入
 本社ビル取得、そして全国展開へ
 開発力でも負けたくない
 スキルの水準を保つ努力
 安全は「止めること」が基本中の基本

あとがき SECエレベーターの未来は

鈴木 孝夫 プロフィール

1943年岩手県生まれ。三菱系エレベーター会社を経て1967年に独立創業し、鈴木エレベーター工業(現在のSECエレベーター)を1970年に設立。独立系エレベーター保守会社という新しい業態を日本に誕生させる。エレベーターの構造を知り尽くす「技術屋」で、ビジネスの面でもエレベーター業界の風雲児として活躍する。

技術屋が語るユーザーとオーナーのためのエレベーター読本 関連ニュース

ころからがお届けする WEB読物“ころからWEB”

  • サウジアラビアでマッシャアラー!
  • 亜細亜人生鐵道